マンション

建築設計事務所を活用したマンション工事

ひびのある壁

10年に1度の割合で大規模修繕工事を行っているマンションの管理組合は、日ごろから取引のある専門業者へ依頼することが多いです。しかし中立的な立場でアドバイスをしてくれる建築設計事務所を利用すると、更に質の高いマンションの大規模修繕工事が行えるようになります。業者選びのサポートだけではなく、大規模修繕工事中の施工管理もしっかりと行ってくれます。また建築設計事務所で事前に相談すると、建物の状況や居住者の希望に合わせて、マンションに最適な工事プランを提案してもらえます。完成してから30年以上が経過した建物の場合には、耐震補強工事を実施するのが時代の流れになっています。耐震補強を含めた規模の大きな工事では、1世帯当たりの費用が100万円を大きく上回ることもよくあります。しかし建築設計事務所や施工会社のスタッフが連携して説明会を実施すると、住民の理解も十分に得られるようになります。そして建築設計事務所と年間契約を結ぶと、継続的にマンションの維持管理に関する助言が受けられます。屋上からの雨漏りや配管の不具合が見つかった場合でも、すぐに緊急工事の手配などのサポートが受けられるメリットもあります。このように保険として建設事務所と年間契約を結んでおくのも有効な手段です。

住民の快適な生活を守るには定期的なマンション工事を

マンションの建物の定期点検や修繕工事は、そこで生活を送っている住民たちの暮らしを守るためには欠かせない作業です。特にマンションの建物の給水管など住民の方た…

塗装工事

修繕のためのマンション工事は計画的に行っていきましょう

マンション経営をはじめたら、その後に必要になってくる修繕工事を視野に入れておく必要があるでしょう。最も修繕工事が必要になりやすい箇所は、マンションの外壁で…

足場

マンション工事の周期の目安は?

築年数が古くなると知らない間にマンションのさまざまな箇所にほころびが出てきます。老朽化が進んでしまってからの修繕工事は大がかりなものとなり費用も掛かってし…

作業員

建築設計事務所を活用したマンション工事

10年に1度の割合で大規模修繕工事を行っているマンションの管理組合は、日ごろから取引のある専門業者へ依頼することが多いです。しかし中立的な立場でアドバイス…

ひびのある壁
TOP